posted by 헤도위크 2013. 2. 20. 20:44

ASUSがポータブルDLPプロジェクタの新製品 P1M を国内向けに発表しました。P1Mは重さ415g、体積はほぼCDケース3枚分と小型ながら、このクラスのLED光源では明るい200ルーメンの輝度が特徴のポータブルプロジェクタ。

前モデルP1からサイズと輝度は引き継ぎつつ、P1MではUSBディスプレイ機能やSDスロットからの直接再生といった機能が加わりました。解像度は 1280 x 800 (WXGA)、コントラスト比2000:1、投影サイズは20 ~ 120型 (約1mで40型)に対応します。

入力には D-Sub 15ピンとコンポジットビデオ端子を備えるほか、SDHC対応SDスロット内のコンテンツを直接再生するプレーヤ機能、PCと USB接続で画像を表示するEzLink USBディスプレイ機能を備えます。(HDMIは引き続き非対応)。

消費電力は投影時 45W以下。電源には付属のACアダプタを使用しますが、ASUS製のノートPC用ACアダプタ(65W以上)と共用でき、持ち運び時の荷物をひとつ減らせます。

SDカードから直接再生が可能なファイルは、

動画: AVI、MOV、MP4、3gp/3g2、FLV(最大 1,920×1,080ドット、30fps)
音楽: MP3、MP2、WMA、RA、AMR、APE、ASF、M4A、FLAC、OGG、WAV
静止画: JPG、BMP、PNG
ドキュメント:Adobe PDF 1.0~1.4、Microsoft PowerPoint 97~2010、Microsoft Excel 95~2007、Microsoft Word 95~2007、Text

そのほかの機能は内蔵の2Wモノラルスピーカー、±30度の自動台形補正など。動作音は「シアターモード」で28dB。

発売は3月上旬以降。価格はオープン、実売予想5万1800円。




댓글을 달아 주세요