posted by 헤도위크 2013. 2. 20. 20:44

ASUSがポータブルDLPプロジェクタの新製品 P1M を国内向けに発表しました。P1Mは重さ415g、体積はほぼCDケース3枚分と小型ながら、このクラスのLED光源では明るい200ルーメンの輝度が特徴のポータブルプロジェクタ。

前モデルP1からサイズと輝度は引き継ぎつつ、P1MではUSBディスプレイ機能やSDスロットからの直接再生といった機能が加わりました。解像度は 1280 x 800 (WXGA)、コントラスト比2000:1、投影サイズは20 ~ 120型 (約1mで40型)に対応します。

入力には D-Sub 15ピンとコンポジットビデオ端子を備えるほか、SDHC対応SDスロット内のコンテンツを直接再生するプレーヤ機能、PCと USB接続で画像を表示するEzLink USBディスプレイ機能を備えます。(HDMIは引き続き非対応)。

消費電力は投影時 45W以下。電源には付属のACアダプタを使用しますが、ASUS製のノートPC用ACアダプタ(65W以上)と共用でき、持ち運び時の荷物をひとつ減らせます。

SDカードから直接再生が可能なファイルは、

動画: AVI、MOV、MP4、3gp/3g2、FLV(最大 1,920×1,080ドット、30fps)
音楽: MP3、MP2、WMA、RA、AMR、APE、ASF、M4A、FLAC、OGG、WAV
静止画: JPG、BMP、PNG
ドキュメント:Adobe PDF 1.0~1.4、Microsoft PowerPoint 97~2010、Microsoft Excel 95~2007、Microsoft Word 95~2007、Text

そのほかの機能は内蔵の2Wモノラルスピーカー、±30度の自動台形補正など。動作音は「シアターモード」で28dB。

発売は3月上旬以降。価格はオープン、実売予想5万1800円。




댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 9. 7. 20:30
New Nokia Luna Bluetooth headsets, now with wireless charging


無接点充電 Qi 対応のWindows Phone 8 スマートフォン Lumia 920 を発表したノキアは、周辺機器でもQi 対応製品を揃えています。Nokia BH-220P は、Bluetooth ヘッドセット Luna の Qi 対応版。画像ではどうやって使うのかよく分からない形状をしていますが、中央の三角を押すとホルダから片耳用インイヤーヘッドホンのヘッドセットが頭を出 す仕組みです。


ヘッドセット本体はかなり小さく、重量はわずか5g。単体のバッテリー駆動時間は待ち受け35時間・連続通話2時。ホルダ側は追加のバッテリーを内蔵しており、ヘッドセットを収めることで再充電して計8時間まで通話できます。

ホルダに収納された" Always Ready " 状態では約60日間のスタンバイが可能。スマートフォンに着信してからヘッドセットを押せば、自動的に電源がONになり端末と接続して通話可能になりま す。Qiに対応するのはこのホルダ側で、スマートフォン用のQi充電ドックやQi対応まくら、Qi対応スピーカーなどに乗せることで充電が可能。マイクロ USB端子で有線充電もできます。

ヘッドセットはBluetooth 2.1+EDRに対応。プロファイルは通話用のHFP 1.5 / HSP 1.1。Lumia シリーズだけでなく汎用のBluetoothヘッドセットとして使えるはずですが、価格や発売時期はまだ不明です。




댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 6. 21. 15:37




Asusがウルトラブック Zenbook シリーズの最新機種 4モデルを国内向けに発表しました。上位版の Zenbook Prime UX31A (13.3型) / UX21A (11.6型)は、1920 x 1080 フルHDで輝度350cd/m^2、視野角178度のIPS液晶ディスプレイを搭載します。

フルHDディスプレイの上位版 Zenbook Prime UX31A / 21A と、下位のZenbook UX31A/21A (「プライム」がつかないアップデートモデル) で共通の仕様は、Ivy Bridge Core i7-3517U (1.9GHz、TB時最大3.0GHz)、4GB RAM (増設不可)、プロセッサ統合のインテルHDグラフィックス4000。ほかUSB 3.0 x2、802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、92万画素ウェブカメラ、マイクロHDMI出力、ミニVGA、100/10Mbps LANなど。13.3型のUX31AにのみSDXCスロットがつきます。

上位版の Zenbook Prime UX31A は、上記の仕様に加えて13.3型1920 x 1080 高輝度IPS液晶ディスプレイ、256GB SSD、重さ約1.3kg、バッテリー駆動時間 約8.5時間。

Zenbook Prime UX21Aは、11.6型 1920 x 1080 高輝度IPS液晶ディスプレイ、256GB SSD、重さ約1.1kg、バッテリー駆動時間 約5.1時間。 「プライム」2機種はバックライトキーボードを搭載します。

Primeが付かない Zenbook UX31Aは13.3型1600 x 900 液晶、128GB SSD、約1.3kg、約8.7時間。この無印Zenbook UZ31A (13.3型)にのみOffice付属モデルが用意されます。

Zenbook UX21A は11.6型1366 x 768 液晶、128GB SSD、約1.1kg、約5.2時間。


メーカー希望小売価格は上位から、

Zenbook Prime UX31A: 13万9800円
Zenbook Prime UX21A: 12万9800円

Zenbook UX31A (Officeあり):12万9800円
Zenbook UX31A (なし):10万9800円
Zenbook UX21A :9万9800円

いずれも6月23日土曜発売。


댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 22. 17:20



디자이너 Aaron Ristau는 무선 Rotobot 마우스 선보여 눈길을 끌고 있는 가운데, 무엇보다 세련된 외관의 이 제품은 좀 더 특이한 느낌으로 다가갈 듯 합니다. 타자기를 테마로 만들어진 이 예술적인 제품은 외관에서 느껴지는 품격만큼이나 가격도 비교적 높은 $180(약 20만원)입니다. 하지만 내부에는 Logitech M305 마우스$25(약 3만원)가 장착되어 있으며, 실제 사용감은 블편할 것으로 보여집니다. 특이한 외형으로 엽기적인 주변기기를 찾는 분에게는 사랑받을 것 같지만, 사용감을 중시하는 분에게는 어울리지 않을 듯 합니다.

댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 22. 17:19
Image


半導体ストレージメーカーの RunCore が、「物理破壊ボタン」なるものを備えた高セキュリティ SSD 製品 RunCore InVincible のデモ動画を公開しました。InVincibleそのものは高信頼性設計の一般的な産業用SSDですが、廃棄の際などに内部のデータが漏洩することを防ぐ ため、緑の「インテリジェント破壊」と赤い「物理破壊」ボタンを備えた消去用デバイスが付属します。

同社の解説によると、緑の「インテリジェント破壊」はいわゆる一般的なセキュアイレース動作。ディスク全体を無意味なビットで上書きすることにより、データの読みとりやリカバリを難しくする機能です。

一方、より不穏なのは赤い「物理破壊ボタン」のほう。こちらはNANDフラッシュメモリやコントローラに一時的に大電流を流すことでチップそのものを物理破壊し、データを完全に読みとり不可能にすると謳います。デモの様子は続きに掲載した動画をどうぞ。

非可逆の「ヒューズ」部分で抗タンパ性を確保するたぐいのチップはアクセス不能にしても外見的には変わらなかったりしますが、InVincible の物理破壊ボタンは押した途端にドライブから煙が上がり、箱を開ければNANDチップがひび割れているというなかなかすさまじい絵面が見られます。




댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 22. 17:16
Image

Google がメガネ型コンピュータを操作する「ウェアラブルマーカー」の特許を取得しました。「グーグルメガネ」こと Project Glass はメガネ型だけに両手が空くことが利点のひとつですが、逆に手に持って入力するボタンなどもないため、発表時のイメージ動画では音声入力や視線 (頭)の動きなどで操作する様子が示されていました。

しかしこの「ウェアラブルマーカー」特許では、手や指先に着けたアイテムの動きをメガネ側のカメラで追うことにより、なにもない空中で仮想インターフェー スを触ったり、動きでジェスチャ入力する方法が解説されています。「マーカー」の例として挙げられるのは指輪、ブレスレット、つけ爪、あるいは爪に貼るデ カール、手袋など (下に続きます)。 .

構造としては比較的単純で、指輪やネイルといったマーカーの表面には特定の模様を備えた赤外線反射材を使い、ウェアラブルコンピュータ側には赤外線カメラ をふたつ搭載します。メガネ側の赤外線カメラが反射パターンを広い、また2台のずれから三角測量でメガネとの相対座標を推定することで、指先をポインタに したりジェスチャを認識する仕組みです。

単なる反射材ではなく特定のパターンを使う理由は、無関係な赤外線や他人のマーカーを誤認識しないようにするため。メガネの側で既知のパターンを照合すると説明があり、マーカー対応のネイルやら指輪を買ってきたらまず覚えさせてペアリングするような準備が想像できます。

またマーカーのパターンを識別できるということは、複数のマーカーや複数人数の操作を区別して認識したり、パターンの側にコマンドを持たせるといったことも可能。この反射パターンは赤外線以外では実質的に見えないとされています。

Project Glass の最初のイメージ動画(下に再掲)が公開された際には、「スマートフォンがメガネ型になると一日じゅうブツブツ呟いて歩くことになるのか」といった感想も ありました。ウェアラブルマーカーが普及した暁には、目に見えないものを必死で振り払ったり、空中を撫でさすったりしている人が居ても気にしないのが普通 になるかもしれません。カメラ撮影時には本当に指でフレーミングさせれば盗撮対策になりそうです。




댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 22. 17:15
「乗り物」と「ロボット」のホンダが、一輪車のように座って乗る一人用移動マシン「UNI-CUB」 を発表しました。小さな車輪が輪になってひとつの大きな車輪を構成する「Honda Omni Traction Drive System」と旋回用の後輪により、まるで人が歩くように前後左右や斜めへ、さらにその場旋回や旋回せずに真横移動など自由自在に移動できます。前身は 2009年に公開されたパーソナルモビリティ「U3-X」と、その操作性・走破性を向上させた2011年モデル「UNI-CUB(ユニカブ)」プロトタイプ。 .



ホンダの歴代「パーソナルモビリティ」は動力式の乗り物でありつつ人との調和を目指して開発されており、UNI-CUBもちょうど両足の間に収まる大きさです。また従来の車椅子と異なり、乗った時の目線は周囲の歩行者とほぼ同じ高さになります。

技術的な特徴は、「ASIMO」に代表されるホンダのヒューマノイドロボット研究から生まれた独自のバランス制御技術と、前輪には大きな一輪に見える全方 位駆動車輪機構(Honda Omni Traction Drive System)を採用すること。小さな車輪をさらに輪に通したような構造で、軸を傾けることなく真横に動くことができます。

また後輪には小さな旋回用を備えることでその場旋回もでき、周囲の人の動きに対しても機敏に対応することが可能。コントロールは体重移動のほか、時代を反映してかスマートフォンでの操作にも対応しています。


使用環境条件は「バリアフリー対応空間」。つまり大きな段差には対応しません。主な仕様はサイズが520x345x745mm、シート高 745~825ミリ、最高速度 6km/h。航続距離 6km の脱着式のリチウムイオンバッテリで駆動します。6kmは歩数換算すると約10000歩。

UNI-CUBは2012年6月から日本未来館で共同実証実験開始が決まっているほか、「国内外のさまざまな使用環境において、実用性の検証を進めて」ゆく予定。もしかしたら身近な施設で見かけたり体験乗車できるかもしれません。


댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 22. 17:11


Leap Motion reveals super-accurate motion control tech, $70 device to change the UI game


米国のモーションコントロール技術メーカー Leap Motion が、「従来技術の200倍精密」をうたうモーション入力デバイス LEAP を発表しました。USB接続する小さな箱状で、ノートやデスクトップPCの手前に置くことにより、上方8立方フィートの範囲で精密なモーション認識を可能 にします。

どれくらい正確かというと、発表文の表現を額面どおり並べれば:

・1/100ミリ単位の動きまで認識可能。
・両手と10本の指をそれぞれ独立して同時に認識。
・指先でピンチズームなどのジェスチャ操作が可能。
・指だけでなくペンなどのオブジェクトも精密に捉え、ペン先で文字が書ける。
・従来技術との差は、「腕を振ってスワイプ入力」と「指先でサイン」の差。
・マウスやタッチスクリーンより正確で素早く、キーボード並みに確実。

などなど。実際のデモと開発者による紹介は続きの動画をどうぞ。

最初に市販されるLEAPデバイスはPC向け・デスクトップ操作向けのUSB接続品であるものの、中核となるソフトウェア技術は「スマートフォン、タブレット、自動車そして冷蔵庫」を含む幅広い機器に組み込み可能とされています。

Leap Motion はPC用LEAPデバイスの市販をこの冬に予定しており、現在は69.99ドルで限定数の予約を受付中。また開発者にはSDKのリクエストを受け付けてお り、サードパーティーが開発したLeap活用アプリのプロモーションやマネタイズのためのプラットフォームも提供する予定です。





댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 22. 17:09



マイクロソフトが Kinect for Windows のソフトウェア開発キットおよびランタイムを v1.5にアップデートしました。主な追加内容は " Kinect Studio " など新開発ツール、顔認識SDK、座ったままの上半身を認識する着席モード、さらに日本語を含む音声認識の対応言語追加、サンプルコードや NUIアプリ用のガイドラインHuman Interface Guidelines (HIG)を含む資料拡充など。

Kinect for Windows ゼネラルマネージャ Craig Eisler 氏の MSDN Blog記事によると、Kinect for Windows のハードウェアは来月から15か国を加えて計 31か国で展開する予定。デスクトップ向けのモーションコントロール技術といえば、「従来の200倍精密」をうたう新勢力 LEAP がこの冬に70ドルという安価で市販を予定していますが、マイクロソフト Kinect も今後もさらにセンサー性能、ランタイムとSDKの機能、販売地域を拡大してゆくとしています。SDK v1.5 更新内容のもう少し詳しいリストは続きをどうぞ。

(蛇足:Kinect for Windows センサーと、開発に必須のWindows OS (Windows 7 DSP版) 、さらに「自作応援キャラクター」窓辺ななみの3Dデータがセットになったスペシャルパック(先月発表)は、店舗によってはまだ在庫があるようです。) .

Kinect for Windows 1.5 の更新内容:

Kinect Studio の追加。Kinectセンサーへの入力データを記録・再生できる新ツール。アプリ側を書き換えながら、同じデータを喰わせて再テストすることで開発サイクルを短縮。

Human Interface Guidelines (HIG) 文書。Kinect を使った NUI (ナチュラルユーザーインターフェース) のガイドライン。ベストプラクティス。

フェイストラッキングSDK。表情認識。リアルタイムで顔の3Dメッシュを取得。頭の位置、眉の場所、口のかたちなど。

・サンプルコードの多数追加と内容向上。
・ドキュメンテーションの内容向上。


着席モード

メインの骨格トラッキング機能に、座った状態で10関節を認識する着席モード (Seated Tracking Mode )を追加。名称こそ Seated なものの、着席しているときだけでなく、立った状態で下半身がセンサーから見えない状況でも上半身のトラッキングが可能。

Seated モードもデフォルトの全身認識も、センサーから近い距離の Near Mode に対応しており、ディスプレイから近い位置で座って Kinect を使うデスクワークのようなアプリケーションや、立って操作する端末での作業にも対応します。


・アバターアニメーション

Kinect スポーツのように、3Dアバターをコントロールするアプリの開発を支援。


音声認識

音声認識は新たにフランス語、スペイン語、イタリア語、日本語に対応。また同一言語の地域ごとの違いをサポートする言語パックも加わり、英語 / 英国、英語 / アイルランド、フランス語 / カナダなどが提供されます。日本は Japanese / Japan。


パフォーマンス向上

最適化によりパフォーマンスが改善。奥行きセンサーの入力とRGBカメラの入力をマッピングする場合、平均で5倍に速度が向上します。またRGBカメラの 画質自体も、ビデオモードでYUV 640 x 480 @15fps および RGB 640 x 480 @ 30fps と改善され、環境光が強い・弱い場合でもよりシャープに、より正しい色調になりました。


댓글을 달아 주세요

posted by 헤도위크 2012. 5. 11. 20:55

Google Drive の正式発表で出揃ったクラウドストレージサービスの比較表をお届けします。対象は Google Drive のほか Dropbox 、 SKyDrive 、ややモデルが異なる iCloud。初期容量や追加容量ギガ単価、デスクトップとのフォルダ同期など単純に比較しやすい機能は表にまとめつつ、OS との深い連携や特定サービスとの統合など、横並びにしがたい部分は末尾の備考に記しています。



Google Drive

(drive.google.com)

マイクロソフトSkyDrive

(skydrive.com)


Dropbox

(dropbox.com)

アップル iCloud

(icloud.com)

無料容量 5GB 7GB
(既存ユーザーは25GB継続を選択可)
2GB
(紹介ボーナスあり)
+ カメラアップロード機能で最大3GB追加。
5GB
追加容量プラン

25GB: 2.49ドル
100GB:4.99ドル1TB: 49.99ドル
...
16TB:799.99ドル

20GB: 年10ドル
50GB: 年25ドル
100GB:年50ドル
50GB: 月9.99ドルまたは年99ドル

100GB: 月19.99ドルまたは年199ドル

1TB以降:5ユーザにつき年795ドル、追加ユーザひとりにつき年125ドル
10GB: 年20ドル
20GB: 年40ドル
50GB: 年100ドル
追加分GB単価(US$、年間) 1.19 (25GB時)

0.59 (100GB以降)
0.5 1.98 2
1ファイルの最大サイズ 10GB 2GB 300MB (ブラウザアップロード)
デスクトップ同期は無制限
25MB (無料)
または
250MB (有料ユーザ)
デスクトップアプリ Windows、Mac
(Linux も準備中)
Windows / Mac Windows / Mac / Linux Windows / Mac
モバイルアプリ Android / iOS (近日公開) iOS / Windows Phone Android / iOS / BlackBerry iOS
そのほか Google検索 (OCR で画像中テキスト検索、画像認識で写真中のオブジェクト検索 etc)

SDK公開、サードパーティーアプ連携

Google Docsで編集・共有

追加容量は Picasa と ドライブで共有。

追加容量を購入すると、Gmail の最大容量が独立して25GBに拡大。
Bing検索

SDK公開、サードパーティーアプリ連携

Word / PowerPoint / Excel / OneNote文書の作成、編集、共有

Windows版のデスクトップアプリを通じて、リモートPCへ SkyDrive からアクセス可能 (オプション、要2要素認証)

共有ファイルのブラウザ版ビューア

紹介プログラムでひとり500MB 、最大32人16GBまで、有料ユーザーはひとり1GB 最大32GBまで追加可能。

モバイルアプリまたはデスクトップアプリ経由のカメラアップロード機能で500MBずつ、最大3GBまで追加の無料容量が得られる。
iOS 統合。iOS の設定やデフォルトアプリ、サードパーティーアプリ、写真などの自動クラウドバックアップ。

ウェブ版 iWork。iOS版 Keynote / Pages / Numbers アプリを購入して iCloudを有効にした場

google drive


댓글을 달아 주세요